カメラを購入した話

2022年4月上旬、1台のミラーレス一眼カメラを購入しました。
数年前に夫がカメラで写真を撮り始めたのですが、それが楽しそうで楽しそうで、ずっと気になっていたのです。

初めての自分のカメラ

高校生の頃に一度、コンデジを買ってもらったことがありますが、あまり使わずに十数年…。
積極的に「撮りたい」と思って買うカメラは、これが初めてです。

「まずはスマホのカメラを使いこなしてからかな…」と悩んだのですが、スマホで写真を撮ることはそんなに多くなく、そのために出かけるということもありませんでした。
「だったらいらないのでは…?」とも考えたのですが、夫が撮ってくるきれいな写真を自分でも撮ってみたいなと思ったのと、“撮ってる感”が欲しくなって、購入を決めました。

購入したのは、OLYMPUS PEN Lite E-PL7という可愛らしいモデル。
最初から新品を購入するのは、飽きたり放置したりしないだろうかと不安だったので、まずは中古のこのカメラを使い倒して、欲しくなったら新しいカメラを買うことにしました。

どうやって選んだ?

重さ

カメラを買うことになりはしたものの、右も左も分からない私。
重視したのは“重さ”でした。
あんまり重いと取り回しにくかったり運ぶのに重さがネックになったりして続かないかなと思ったので、店舗で同シリーズのものを持ってみて、一番しっくりきたものにしました。

デザイン

最後まで悩んでいたのが、NiconのZ fcでした。
キャンペーン中でボディのエクステリアを張り替えられるというのがすごく魅力的だったのです。
私はみどりいろが好きなのですが、そういう色のカメラというのはほとんどなく…。
だから尚更でした。
でも、カメラという趣味がハマるかどうか分からず、一旦見送ることにしました。

次の候補に挙がったのが、購入したPENシリーズでした。
この時点で中古にしようと決まったので、過去のシリーズのものを色々と探して見て回り、注文したのがE-PL7でした。
決め手になったのは、手が触れる部分のミルクティーのような色合いです。
これがなんとも可愛らしくて気に入っています。

買ってみて

続くだろうかという不安は、すぐに飛んでいきました。
思っていた以上に、“撮ってる感”にのめりこむ方が早かったです。
それ以上にすごいなと思ったのが、買う前にあった「でも、何撮ろう…?」という思いも消え去って、「カメラを持って出かけたい!」という気持ちでいっぱいになっていたことです。
元々インドアな趣味ばかりなこともあって、家にこもりがちだった私。
よくないなぁと思いつつも、変えようとすることはしてきませんでした。
それが、カメラ1台で動物園や植物園、公園などに出かけたいと思うようになったのです。
カメラというものを持つことで、外への感じ方が変わったような気がしています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA