こだわり屋さんがクローゼットノートを作ったら、大変なことになった

0

「大好きなものだけに囲まれて過ごしたい」と思い始めたのが、ここ数年のお話。
その濃度を少しでも上げたくて、定期的に服などを見直せるツールを作ろうと思ったのが始まりです。

扉ページ

それぞれのジャンルに合わせた理想の人や、ワクワクする画像をネットで集めて印刷しています。
本当は載せたいところなのですが、ネットにある画像を私的利用のためにダウンロードしたので、掲載は控えます。

体型管理から始まった

「なぜ。」って思われますよね。私も思いました。
せっかく届いたZOZOSUIT。使わない手はない!と思って、気付いたらテンプレートを作ってました。
定期的に測定して記入しておけば、後で体型の変化を楽しめます。それだけです。作ってて楽しかったんです。

3D画像は、ダイアナさんの3Dプロポーションアナライザーで、数値を入力して表示されたものを画像化しました。
このサイト、理想の体型と今の体型を比較したりできるので、便利です…が、結構細め設定の模様。

やっと、クローゼットノートのはじまり

上半分は服のデータを、下半分は、コーディネイト写真を貼っていけたらと考えています。
モデルさんのでも自分のでもOKですが、自分多めにしたいところです。着回しを考えるのに使いたいので。
体型に合っているかどうかも、客観的に見られると思います。

管理NO.を振る

ページ右上の英数字は、自分で考えた管理No.みたいなものです。
コーディネイトして写真を撮って貼るだけだと、どのアイテムを使ったか分からなくなりそうで…。
写真の下に、合わせたアイテムの管理No.を書くことで、その商品のデータが分かります。
検索性は…今のところ分かりません。

チェックボックス

10個のチェックボックスには、着用・使用するごとにレ点チェックを入れていきます。
チェックが少ないと買い物失敗、反省点を記入します。
10個以上チェックが付けば、それは気に入っていて、たくさん着られた・使用できたと判断できます。
その中でも特にお気に入りのものについては、チェックボックスの横にハートのシールを貼ることにしました。
これでやっと、持て余していたシールの使い道ができました。

例外で、ライブTシャツなどは普段あまり着ないですが、ハートのシールを貼ります。

捨てた日も記入

チェックボックスの下には、捨てた日と理由を書きます。
へたれるまで着たのか、気に入らなくて捨ててしまったのか…これからの服選びに役立てられるように。

インナーや靴、鞄などは、2つで1ページになるように作っています。

スキンケア

服や靴、鞄までにとどめておくつもりだったんです、最初は…。
作っている内にノりにノってしまい、自分用のレビューページを作り始めたのが、こちら。
早速印刷ミスをしたのをごまかしています。

スキンケア用品は基本的に毎日使うのが当たり前にしたいなので、代わりに満足度を表すハートマークをつけてみました。5段階で、色を塗ります。

ベースメイク

ベースメイクも同じ考えで、スキンケアと同じテンプレートを使っています。
スキンケア以外の化粧品は、服と同様に右上に番号を振って、メイクをした時にどれを使ったかを写真と一緒に記録できたらと考えています。

ポイントメイク

こっちは、服と同様にチェックボックスタイプです。
気分で色を選んだりすると思うので(なぜ思うなのかというと、今は1セットしか持ってないから)、自分好みのものを把握しやすいようにチェックボックスを選びました。
でも、アイライナーやアイブロウなどは1回買ったら髪の色を変えない限り使い続けるので、ハートでよかったかもしれない…。
そうなると、シャドウ以外はハートでいいんじゃないだろうか…と、こんな感じで、まだまだ改良していく予定です。

メイク用品

メイクに使うパフやビューラーなどの小物も、きっちりページを用意しています。
テンプレートは、スキンケア用品と同じものを使う予定。

ヘア系

髪を切ったり染めたりした時の記録も残すつもりなので、ヘアケア用品やヘアセット用品も作ってみました。
ちなみに、髪型を変えた時用のテンプレートもあって服同様に下半分を空けているので、セットが上手くいったりしたら写真を貼って振り返れるようにするつもりでいます。

作ってみて

最初は服だけのつもりがどんどん細分化され、ジャンルも広がり…「あぁ、私ってこういう人だわ」と再確認しました。
ちなみに祖父も父も収集癖があり、母はスクラップが好きだったそうなので、完全に遺伝だと思います。
そこに作りこみ要素が入ったら、こうなりますね。

コメント欄を用意したものの、これまで服や化粧品に対する感想なんて言ったことも書いたこともほぼないので、その辺が少々心配です…が、自分の表現の幅を広げると思って、頑張ろうと思います。

問題は続けられるかどうかですが、そこは、あまり固執せずに気ままに使っていけたらと思っています。
こまめに出力したり書き込んだりできればいいのですが、それができないのが私なので…できる時にできるだけやろうと思っています。
このノートは、作りためればためるほど後のニヤニヤ度に関わってくるので、きっとなんとか続けられるでしょう。

0
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA