【30歳の本気】クラウドソーシングに向き合ってみる【もうすぐ誕生日】

2+

クラウドソーシングサイトに登録して、何となくやり方は分かったけど、自信がない・勇気がない…という方、いらっしゃいませんか?
私もです。
一応求人広告のコピーライターという経験はありますが、逆に言えば、それだけ。
提案メールなんてどうやって送ればいいか分からないし、文章や内容だってこれでいいかもわからない。
でも、そこで二の足を踏んでいてはどうにもならないので…お得意の「リスト化」、してみました。

クラウドソーシングで、何する?

まず、これを絞ることが大切なんじゃないかと考えました。
私の場合、ライティングとコピーライティングができますが、ライティングの単価は時間を考えると正直…なので、それならば自分のブログや別のお仕事に時間を割きたいなと思うのが現状です。
絶対にやりたくないという訳ではなくて、もう少し文章力や書き方など、自分の態勢を整えてから取り組みたいという意味で、です。
早く的確に書ければ、文字単価が低くてもそれなりになるのではないかと考えたからです。
なので、選ばれなければ報酬0ではあるものの、自分の中での最短で腕を磨ける可能性があるコピーライティングを選びました。

リストアップしてみた

現時点で必要なことをリストアップしてみました。
契約書の読み方など、もうちょっと足したい部分はありますが…。
有料ノートも気になるところですが、ひとまず、今自分がやろうと思えばできることをまとめました。

流れ

インプット

用意したのは、本3冊です。

  

今時点で欲しい情報は、この3冊にあるなと思っています。
もう一度基礎を振り返りつつ、視野を広げて応用力をつけられたらいいかな、と。

「今すぐ自分を売り出す1行を作れ」は、自己分析要素が結構含まれているので、「何ができるのか分からない」といった方にもオススメです。
自分と向き合いながら、自分の売り出せる部分を探しつつ、最終的に言葉にするような感じです。

アウトプット

  • 本を読みつつアウトプット
    読書ノートにどんどん引用していって、そこに自分の思考も書きます。
    そうすることで自分に認識させることや、考えを俯瞰すること、先々読み返した時に思考の流れを把握したりもできるからです。
  • 実際にやってみてアウトプット
    学ぶだけでは何もできないので…。実際に色々やってみます。
    まずは手近な、自分を表す言葉から。
    出来次第では、いきなりコンペに挑戦してもいいかもしれないなと考えています。

必要な知識集め

先ほど書いた契約書の読み方もですが、効果的な提案・営業メールの書き方などもまとめて、自分用の資料を作るつもりです。
そのために、「人を操る禁断の文章術」が使えるのではないかと考えたので、最初に取り上げています。
それから、プロジェクト提案用に“自分の単価”をある程度知っておくことも重要だと考えました。
これは“自分の単価”よりも安いからやめる、高いからやるといった目安ではなく、あくまで基本価格といった感じで持っておく用です。
実際は、ある程度実績をあげて経験を積んでから、交渉などもできるようになれたらと考えています。

実際に挑戦してみる

あとは飛び込むだけ!
もまれてみないと分からないこともたくさんあると思うので、「これだけ準備したから大丈夫!」という、ちょっとだけ根拠のある自信を持って突っ込むしかないと思っています。
伝える力は最初より確実に上がっているはずなので、やりとりもうまくいくのではないかと思いましょう!

私のクラウドソーシング用ファイル

せっかくなので、ちょっと紹介してみます。

アスクルで購入したA4ファイルです。
測り方を間違えたので、綴じるとクリアポケットが1㎝ほどはみ出ますが、そこにも愛着を感じ始めました。

中表紙は、クラウドソーシング、Lancers、クラウドワークス。
クラウドソーシングのところに自分用の資料を、それぞれのサイト名のところには、提案時のメールなどを綴じるつもりです。
思考については綴じるには多すぎる量になってしまうと思うので、別途ファイルを用意してあります。

目標

キリよく、 1万円/月 でしょうか。
低すぎず、でも決して高くない目標を設定しないと、「いつまで経っても到達できなくてやめてしまう」ということになってしまいかねません。
なので私は、目標設定をする時はいつも、低いハードルをたくさん用意した上で、低めの目標を1つたてるようにしています。

早速今日から少しずつ始めていきます。
30歳って書いたし、31歳になる頃には言葉についての準備が終わっているくらいになっていたら、いい感じでしょうか。
がんばります。

2+
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA