【ハコビズ】立てて置ける!中身が一目で分かるポーチ【Haco・biz】

0

新しい手帳やノートが増えると、新しいペンも増える…なんてことはありませんか?
最近、メモ代わりの新しい手帳と一緒にペンも購入したのですが、帰ってくると、ノートや手帳ごとにペンがあるぞ?ということに気が付きました。

  • EDiTとほぼ日手帳でペンケース1つ
  • 言葉集め関係でペンケース1つ
  • お絵かき用の黒ペンを集めたペンケース1つ

そこに、今回の手帳のためのペンケースが1つ…になるところだったのですが、どうせなら持ち歩きに便利なように1つにまとめてしまいたい!と思っていたところ、偶然Twitterのタイムラインに流れてきたのがこちらでした。

ツールペンスタンド Haco・biz

色々入れてみると、こんな感じです。
めくった方の左側がスマホスタンドになります。

サイズ

A5より一回り大きいくらいです。
ペンを立てて入れられますが、ペンケースを入れるのは無理でした。
横向きのケースに対して、Kindle Paperwhiteを縦に入れてピッタリです。
真ん中に仕切りが入っていますが、これはマジックテープ式で取り外すことができるので、ノートや手帳、iPad miniなども入れることもできます。
マチが4.5㎝あり、マウスなども一般的なものなら難なく入れることができます。

  

3色展開です。私はブラウン(カハ-HB11S)にしました。
オフィスでも違和感なく使えるよう、落ち着いた色が選ばれているのですが、内側は黄緑やエメラルドグリーンがあったりと、ちょっとした遊び心を満たすこともできます。
もちろん無難なベージュもあるので、好みによって選べるのではないでしょうか。

入れているもの

マウスは、PCを持ち歩くときに入れられたらと思っています。

ゼブラ マイルドライナー

 

これは欠かせません!色分けは全てマイルドライナーでしています。
その他、イラストの色塗りはもちろん、薄い色でアタリを描くこともできます。
ほとんどが蛍光ではないので、目にも優しいんです。

三菱鉛筆 Signo & ぺんてる Slicci

  

Signoはメモメインの手帳に、Slicciは通常の手帳に使用しています。

Kindle Paperwhite

「あれ…?入りそう?」と思ったので入れてみると、ジャスト!
なので、入れることにしました。できるだけ1つにまとめたいんです。

1日1コピー用の手帳

頂き物の手帳です。マンスリーにコピーのお題を、バーチカルに考えたコピーと思考の流れをメモしています。
とても小さな手帳なのでそんなには書けないのですが、1日1コピーという性質を考えた時、考えすぎずにいい塩梅で使えているんじゃないかなと感じています。

クリップ

これをシャチハタが入っていたケースに入れて、ファスナー付きポケットに入れています。
たくさんはいらないけど、少しあると何かと便利なんですよね。
持ち歩くのにちょうどいいケースはないかと探したところ、引き出しの奥で見つけたので使ってみました。

使ってみて

サイズ感が本当にちょうどよく、このまま手持ちのリュックに入れられますし、色も好みでとても気に入っています。
サイドにめくった方を固定できるストッパーも付いているので、立てて置く時の安定感はバツグンです。
仕切りを付け外しして自分好みにできるのも、大きいですね。

これを文具基地にしてしまえば「文具はこれに全部入ってる!」という状態を作れるので、ありがちな「ペンはどこに入れたっけ?」「マーカー忘れてきちゃった!」なんてこともなくなりそうです。
立てれば中身が一目で分かるので、発達障害の方にもよさそうかなと思いました。
ちなみに私は、こういうバッグも探しています。どこかで見たんですよね…。それはいつか、別の記事で。

0
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA