一年前の今日、どんな気分でしたか?

0

「なんか最近、機嫌いいかも♪」
「この頃、落ち込んでばかりな気がするなぁ…」
こんな風に、気分の変化を意識したことはありますか?
ラッキーなことがあったり、ショックなことがあったり、おいしいものを食べたり、ホルモンバランスが最悪だったり…気分とは、さまざまな要因で変わるものです。

私がADHDの二次障害でうつ状態になった時、自分の状態を俯瞰してとらえるために日記をつけてみたことがあります。
でも、だんだん面倒になってくるんですよね。
何より、うつの時って、日記すらもしんどかったりして…。

そして最近、辛くなってから記録をつけ始めるのではなくて、日頃から手軽に記録をして、少しでも早く変化に気付くことができないだろうかと考えるようになりました。

そんな時に教えてもらったアプリが、Daylioでした。

Daylio - 気分を記録する日記

Daylio – 気分を記録する日記
開発元:Relaxio s.r.o.
無料
posted withアプリーチ

Daylioでできること

気分の記録

Daylioは、アプリを起動してから最低4タップで、5段階で気分を記録できます。

気分と一緒にアクティビティを登録することも可能です。
気分やアクティビティは、自分の好みに合わせて追加・編集できますし、アイコンの種類も多めです。
気分の色も好きなものを選べるので、私は気分最高の時に大好きなきみどり色が表示されるものを設定しています。
また、ノートも入力できるので、補足を入れたり日記を書いてみたりと、さまざまな使い方を楽しめます。
私の場合、ノートに体調の変化を入力しています。

統計を見る


毎月の気分の推移や、曜日ごとの平均的な気分などを表示してくれます。
選択した気分の時に多く選ばれたアクティビティなども表示してくれるので、気分がいい時は何をしていたんだろうと振り返ることができます。


こんな風に、1年分の気分の表示も可能です。
この画面1つで確認できるので、手軽に気分のサイクルを把握することができます。
個人的に、季節性うつなどに気付きやすくなるのではないかと思っています。

1週間ごとに、前週の気分と比較したレポートを作ってくれたりもします。
こちらは、PDFでエクスポートもできます。

リマインダーの設定

せっかく便利に記録できても、忘れてしまっては意味がないですよね。
もちろん、リマインダー機能も付いています。
無料版では2つまでしか登録できなかったので、有料版にして、8時~20時までの間で2時間置きに設定しています。
有料版はGoogle playで700円くらいだったのですが、時々半額になるようで、私はそのタイミングで購入しました。

記録をエクスポート

これまでの記録を、CVSファイルやPDFファイルでエクスポートできます。
データを残しておきたい、紙に印刷したいという方に便利な機能です。

バックアップ

Googleドライブへのバックアップや復元機能も整っています。
自動バックアップの設定もあるので、うっかり忘れた…なんてことも回避できます。
機種変更をする時も、データを引き継げますよ。

半月ほど使ってみて

最初に書いたように、目的は、手軽に気分を記録することと早めに変化に気付くことでした。
実際、タップするだけて記録できるので、手軽さはクリアしています。
早めに変化に気付くことに関しては、まだ半月くらいしか使用していないのでなんとも言えませんが、記録していくうちに「そういえば、前もこんなことなかったっけ…?」といった振り返りのカギになるのではないかと感じています。

色やアイコンなどを自分好みに設定できるので、好きな色や好きな表情のアイコンなどを使用することで、アプリを使う中に楽しみを作ることができました。

気付いたこと

気分ごとに絞ってアクティビティを確認することができるので、例えば気分がよかった時に絞って表示し、そこで多かったアクティビティを把握することで、気分のコントロールに役立てられることに気が付きました。
例えば、気分がいい時はこのアクティビティが多かったから、気分が悪い時はこのアクティビティをやってみよう、とか。
反対に、気分が悪い時はこのアクティビティが多かったから、このアクティビティはしないようにしようというのもアリだと思います。

0
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA